YO-CLOWN 

​ヨークラウン

〜ストーリーイメージ〜

2017年、YO-CLOWNというピエロがNew Yorkにいました。

彼は街の至るところに現れては、クルクル周ったり、ピョンピョン跳ねたり、風船を出したりして、道ゆく人を楽しませていました。川辺の道、地下鉄のホーム、光り輝くネオンの街でも、、、

彼は笑顔を見るのが好きでした。

だから人を楽しませていました。

彼は怒っている人や、泣いている人を見るのが嫌いでした。

だから人を笑わせていました。

でも、だから、、、

人々が笑った後、「ありがとう」と言って去っていった夕暮れ時、「楽しかったわ」と言って家路についた真夜中過ぎには、何ともやり切れない気持ちになって、涙が溢れてきそうになるのでした。

( 物語ページより抜粋)

少年

〜バックストーリー 〜

彼は裕福な家で育ちました。

全てを充分過ぎるほど与えられ、何不自由なく育った彼は、

街で目にした、ある少年が忘れられませんでした、、、、、

その少年は貧しそうで、お腹を空かせているようでした。

その少年の眼差しは、彼にあることを想い出させました…

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

その時、彼はピエロになろうと思ったのです。

彼は、自分には何が出来るのだろう?と考えました。

そうして彼は、サーカスの終わった不気味なテントの中へ入っていったのです・・・

( 物語ページより抜粋)

Copyright © 2018 YO-CLOWN . All Rights Reserved.

お問い合わせ/ inquiry